自由、アフィリエイト、学生

あなたの目指す「安定」は本当に「安定」か?

 

 

 

 

正社員が「安定」は幻想!

 

「安定」

 

これは多くの人が生活の中で求めていることであると思います。

 

「安定」が存在しなければ、そもそもあれもしたい、これもしたいというような欲すら生まれてくることがありません。

 

それほどまでに人間は「安定」に飢えていると言えるのです。

 

多くの人が就職して正社員になろうとするのも「安定」を得るためです。

 

現在、非正規雇用が日本では増えてきていますが、それでも世間体を確保するために正社員になるという道は正当な道であると普段の価値観教育によって刷り込まれています。

 

学校の先生もそうですし、メディア、親に至ってもそれが当然であると教えます。

 

しかしその価値観は、本当に普遍的なものであると言えるのでしょうか?

 

そもそも、正社員という単語が公に言われだしたのが1980年代、パートタイマーの対比後として使われるようになったということです。

 

こう考えると、正社員の歴史は30年ぐらいであり、まだまだ浅いということがわかりますね。

 

私たちが、正社員というものが当たり前だと思ってはいるものの、その歴史を紐解いていくと、それは、とても浅はかなものであるということがわかります。

 

日本は、近年崩壊の兆しがありますが、基本的に年功序列社会で終身雇用が主流。
建前上、一度正社員になってしまえば、後は死ぬまで会社が面倒を見てくれるという体制がここまで続けられてきました。

 

これは、我々庶民にとっては「安定」を確保する上で非常にありがたいことであるかもしれませんが、実は、会社側にとっては、ものすごく非合理的であるのです。
特に、超情報化社会となり、インターネット、コンピュータによる第3次産業革命ときて、人工知能による第4次産業革命が始まりつつあるこの世の中においてはなおさらのことになってきています。

 

時代は、確実に動いているため、過去できていたことが今現在も可能であるというわけにはいきません。

 

近年では、会社側が、終身雇用制度のあり方について異議を唱え、あの超大企業であるトヨタさえも、終身雇用は無理であると言っている始末です。

 

また、パソコンに詳しくない45歳以上の社員が不要であるとして、首を切る大企業もでてきています。

 

さらに、正社員であれば、老後にもらえると思っていた年金に関しても破綻の噂があります。
GPIFという独立行政法人が年金の運用に失敗して損失してしまったのだとかいうニュースもあります。
意味がわかりませんね。

 

なぜ、国民のための年金をそんな不透明な投資に使ってしまったのか?

 

それは、国や会社が庶民のことなど、端からどうでも良いと思っているからに他なりません。

 

これは、誇張していっているわけではなく、客観的な観点を持って考えれば誰にでもわかることだと思います。

 

国や会社というものは、国民の賃金を決してあげようとはしませんし、それに加え、訳のわからない税金を次から次へと搾取し、片方では、大企業や富裕層に対して税制の優遇など逆行した政策を敷いていますから、政治と大企業が癒着して、お仲間だけで儲けているのはまぎれもない事実であると思っています。

 

こう言った世の中の形相を垣間見るに、もう、従来の「安定」の価値観は崩壊しつつあると考えられます。

 

つまり、学校教育やメディア、親から教わった価値観の檻の中に囚われたままではもう
「安定」などただの幻想に他ならないということです。

 

わたしたちは、雇われる生き方を自らの手で変えていく必要があるのです。

 

わたしは、以前とある有名企業の倉庫で棚入れのバイトをしていたことがあったのですが、その作業内容というのは、ただバーコードを読み取って商品を棚に入れる作業を8時間の間繰り返すというもの。
頭がおかしくなりそうでした。

 

思考を停止し、ただ機械のように商品を棚に入れ続けるだけの人間。

 

自分でとても滑稽に思えました。
もちろんお金がなかったので、やらなければ仕方ないと当時は割り切っていたのですが、どうしても、機械にできる作業を永遠と繰り返す自分がなんだか虚しくなる気持ちは抑えることができませんでした。

 

そもそも、これからの第4次産業革命の時代。

 

正社員が「安定」は幻想!

 

おそらく、ほとんどの大企業では、人件費の削減のために、単純作業のほとんどは機械によって代替される可能性が高いですので、わたしがやっていた業務をはじめ、今は、人間がやっている創造性に欠ける仕事と言いますものは、これから消滅していくことが予想されます。

 

人間の仕事が機械によって代替され続ければ、いずれ人間がありつける仕事というものはなくなってしまうのではないか?

 

そう思うかもしれませんが、実は、機械には代替し得ない仕事の分野があるのをご存知でしょうか?

 

それは、人間独自の創造性を生かしたクリエイティブな仕事です。

 

正社員が「安定」は幻想!

 

最近では、芸術作品を手がけることができる人工知能なども出てきているらしいのですが、安心してください。

 

クリエイティブな仕事というものは、絶対に機械には代替され得ません。

 

なぜかというと、たとえ機械が、素晴らしい芸術作品を作ったとしても、その感動は最初だけであり、最終的にはそれが当たり前になってしまい、感動が継続しないのです。

 

わかりやすいのがスマホだと思います。

 

正社員が「安定」は幻想!

 

発売当初、スティーブ・ジョブズがiPhoneを世界に公表し、当時は、その画期的な発明に皆が沸き足だってiPhoneに熱中し、その様々な機能に心を躍らせたかもしれませんが、今はそれが当たり前になって別に感動も何も感じないと思います。
人間とは不思議な生き物で、同じ人間がなしたことにしか感動が継続しないのです。

 

つまり、これからどれだけ画期的な機械が発明され、人々の心を動かそうと躍起になっても、所詮は一発芸人と同じく、最初のわずかな期間しか人の心を動かせません。

 

つまり、クリエイティブな仕事と言いますのは、人間の独壇場という訳ですね。

 

このクリエイティブな仕事をなす人間のみが今後と世界で大成することができるとわたしは確信しています。

 

「では具体的にクリエイティブな仕事って何があるの?」

 

「自分には、大した才能がないけど、それでもできるクリエイティブな仕事なんてあるの?」

 

そう思われるかもしれません。

 

そこでお勧めしたいのが、このブログで散々取り上げているアフィリエイトビジネスという訳なのです。

 

正社員が「安定」は幻想!

 

「アフィリエイトのどこがクリエイティブな仕事なんだよ!」

 

そう思われることでしょう。

 

実は、アフィリエイトも立派なクリエイティブな仕事といって過言ではないのです。

 

なぜなら、アフィリエイトは、人に商品を買ってもらう過程で、人の心を動かしますよね。

 

それは、自分の考えを相手に共感させ、自分を信頼してもらうことで商品を買うという行動を起こしてもらうということなのですが、
これはまさしく、機械にはできないクリエイティブな仕事ではないでしょうか?

 

人間は、機械と違って同じ人間を継続して感動させることができますから、一度お客さんを手に入れれば、継続して収入を得ることも可能です。
成功すれば、もう二度と、機械でもできるような単純作業に従事する必要はないですし、会社に人生を縛られることもなくなります。

 

まさに「自由」ですよね。

 

正社員が「安定」は幻想!

 

「自由」を目指すという行為は、世間一般的な価値観からすると愚かなやつと思われたり、蔑んだような目線で見られがちですが、実は、これからの時代を見据えた上でもとても合理的なものであるのです。

 

つまり、いつまでたっても、雇われる側の人間として甘んじて、「自由」になろうと頑張っているものたちを蔑んだ目線でしかめられないような人たちこそ、愚かな人間であるということがお分かりいただけたかと思います。

 

僭越ながら、大した実績がないわたしが、このような上から目線の記事を書いてしまい、大変恐縮なのですが、ここに書き記したことは、まぎれもない事実であると思っています。

 

そして、わたしが、アフィリエイトビジネスを押す理由というものがより深くお分かりいただけたのではないかと思います。

 

最終的にわたしが言いたいことは
「自由を志すあなたの意思は、何よりも合理的で素晴らしいものですよ」
ということです。

 

ですので、自分にもっと自信を持ってくださいね。

 

あなたの成功を心から願っています。

 

この記事が役に立ったと思ったら、クリックしてください。

page top